長く・ラクに走る 基本の立ち方と走り方

いくら持久力があったり、俊足だったとしても、最大の効果を引き出すには、基本の立ち方と走り方が重要です!

マラソンやランニングの練習で、楽に長く走るために、ぜひご自身がちゃんと正しく走れているか、下記の項目を確認して、ぜひチェックしてみてください。

 

基本の立ち方

・肩幅に足を開く
・おへそを真正面に向く
・胸を開くイメージで姿勢良く立つ

 

ポイント

走るときはまっすぐした状態が重要です。

おへその位置を前に向けると、まっすぐした状態を保ちやすいので、意識しましょう。
頭の上から一本、糸で引っ張られているようなイメージを持つと、わかりやすいかもしれないです。

また、両手を上に伸ばして手をあわせ、そのまま手を下ろした状態が、一本糸が通っている状態に近いので、立ち方に自身がない方は試してみてください!

 

 

基本の走り方

・肩を起点にテコの原理を利用して、腕を振る

腕を振る時、力を入れないように気をつけましょう
力が入り過ぎてしまうと、肩にも力が入って、呼吸が苦しくなってしまう恐れがあり、疲労がたまりやすくなってしまいます。

 

・おへその下から足が分かれているようなイメージで、骨盤を使って走る

足だけで走ったり、足が内股になりながら走ると、ランナー膝など故障に繋がる可能性もあります。
骨盤など、体全体を使って走ることを意識しましょう。

 

・前に出した足に体重を乗せる感覚で走る

推進力が増して、スピードアップにつながったり、楽に走れるようになります。

 

下記に詳しく解説のある動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:マラソンのフォーム作り | はじめてのマラソン・ジョギング【ビエボ】 | マラソン

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。